記事・出版物 Articles & Publications

建友会会員(掲載当時)が書いた記事を掲載。主に月刊タウン誌『ふれいざー』への寄稿文を中心としています。バンクーバー圏のリノベーション・家具・建材・電気工事・ガーデニングといった住宅・建設事情の理解増進にお役立て下さい。

月刊誌『ふれいざー』掲載記事のご紹介

043「安全・安心な住宅を求めて」(2017年3月号 )

By 伊藤 公久 (Kimi Ito), K. Ito & Associates

人間が生活を送るには衣食住は欠かせない条件です。経済成長と共にその条件 を満たすための質と量に大きな変化が生まれてきています。そもそも家本来の 目的はあらゆる過酷な自然環境から人の命を守るために作られてきたはずです。しかし、 more

月刊誌『ふれいざー』掲載記事のご紹介

042「大工とは」(2017年2月号)

By 穴澤 龍哉 (Tatsuya Anazawa), 大工

昨年末から雪が降り積もり、例年になく厳しい寒さのバンクーバーとなっています。子ども達と雪遊びをした際に、こんなことを言われました。「動物達のために家を作ってあげたい。寒いからね」と。私はハッとしました。厳しい寒さから、日々私たちを守ってくれている一つが more

月刊誌『ふれいざー』掲載記事のご紹介

041「売れる時代から、”いかに高く、早く売り抜く”かの時代へ」(2017年1月号)

By 吉村 フレッド(Fred Yoshimura), Realtor

2015 年秋から 2016 年春はバンクーバーや近郊の住宅価格が軒並み 30% 以上の急上昇を見せ、我々不動産業者も売る物件が無いくらい完全なセラーズマーケット(売り手市場)でしたが、8 月以降色々な政策転換によって一部の不動産が急激に冷え more

月刊誌『ふれいざー』掲載記事のご紹介

040 「人気のリクレームドウッド(古材)のちょっとしたお話」 (2016年12月号)

By 水越 清二(Seiji Mizukoshi), Canada @ Home Inc

私が個人的にとても気に入っているフローリング会社が取り扱っている製品の一つに、“ハートパイン” という樹種を使用した床材があります。

このハートパインとは、100年以上前にアメリカ国内の倉庫や工場の建築で使用さ more

月刊誌『ふれいざー』掲載記事のご紹介

039 「知っておいた方がいい電磁波の話(2)」(2016年11月号)

By 吉武 政治 (Matthew Yoshitake), Cascadia Ecohomes Ltd.

前回は身の回りにある電磁波には高周波と低周波があるというお話をしました。高周波は携帯電話やWifi、スマートメーターなど目的をもって利用されている電磁波であり、現代社会において避けて生活するのは難しいものです more